My Life with Wine
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
エペルネ滞在記
気がつけば、エペルネも今日で最後!
目標である、シャンパーニュでネットワークを作る、というのは出来たように思います!

Champagne Louis Huot
St Martin d'abloisのレコルタン


Champagne Michel-Gentilhomme
AY村のレコルタン
シャンブル・ドットもやってるそうです。


Champagne Pilippe Gamet
Mardeuilのレコルタン
マダムが素敵過ぎ!超仲良しになりました!


そして、Champagne Jaquinot
本当にお世話になりました!



最終日の夜はランスの本宅で手料理をご馳走になりました!

旅行 | comments(0)
ゴールデンウィーク後半(2)

そして、いよいよ再訪のボーネンです!

今回は前回見ずに後悔した、セラーを見せてもらいました。

これでセラー小
地下にあります。

こちらはセラー大のほう。

かなり古いヴィンテージのものも眠ってます。


1875年のワインなんかもありました。

そしてお待ちかねの夕食です!
本日は総勢10名のゲストです。
たぶん、10名分しかテーブルがないので・・・・


その前に・・・本当は見せてはいけない(?)ワインリスト。(ほんの一部です。)
小さくて見辛いから、OKかな。

シャンパーニュ

白ワイン
コルトンやムルソーもたくさん

ボルドー1ページ目

ラトュールをここまで揃えてるお店はそうそうないでしょう。


USAは1本のみ。
'92のTitars(CHA)

そして本日のお料理がこちら(2番目のお料理は写真を撮り忘れました)





もちろんどれも手の込んだお料理で美味しい!

この後、フロマージュも頂きましたが、なんせお腹一杯だった私はチーズまで手が出ず、断念。
でも、チーズと一緒に出てきたパンの美味しいことったら!
どうやら、和歌山にある国内産小麦で作るパン屋から買い付けているそうです。
オーナーのこだわりが随所に見られる宿です。

そして、飲んだワインがこちら。


この後、元気組2人はオーディオルームで再び飲んでいたようですが、私と相棒は一足先にお休みしました。

部屋の中の写真を撮ってないけど、アンティークの調度品、かなりお値段するものと思います。
年月経って、徐々に古くなってきてはいるものの、やはりいいものは、あるだけで心落ち着くものです。


旅行 | comments(1)
台湾2日目(前編)
今日はコーさんがお仕事なので、私達のみで行動。

まずは、ホテルから徒歩で行ける朝市へ。
この朝市に行きたかったので、ホテルを中山エリアにしたようなもの

朝市はこんな感じで小さな商店が500Mくらい並んでいました。

で、行列のできるお店を発見!
見てたら、どうやら地元の人も絶賛のお店ならしい・・・・。

ということで、私達も購入!(約」80円くらい)
クレープのような小麦粉の皮の中に、ひき肉、もやし、キャベツ、パクチー、砂糖とタレで味付けがされており、とっても美味しい!
私はこれは再び食べたい、と思った一品でした

朝市ではその他に、豆乳を飲んだり、蒸しパンみたいなものを食べたり、目に付くものはいろいろと食べ歩きましたが・・・・やっぱり、今日もオバチームには口に合わず、少食気味・・・・・

その後、本日のメインイベントである『故宮博物館』
電車とバスを乗り継いで行って、(バスのお金が足りなかったんだけど、ネゴシエーターの私の笑顔でパスさせてもらいました

ようやく着いた、故宮!


結構時間かけて行ったけど・・・・・
故宮に行ったことあるほとんどの人が、1日じゃ回りきれないくらいすごい時間がかかるよ、って言ったけど・・・・・

どうも・・・・・親戚みな似たもの同士で・・・・・
そんなに芸術に興味なし!
ということで2時間もしないうちに出てきました!
メインの白菜と角煮は見たけどね

なので早々と引き上げて。。。
今度は遅めのランチへ。
口の合わないオバチームのため、日本食もあるフードコートへ。
やっぱり・・・・若チームは台湾料理、オバチームは『山崎パン』&コーヒー。
ここまで来て、日本食ならしいわ

これで前編終了です。
後半はのちほど・・・・



旅行 | comments(0)
台湾のgentle man
お腹に深夜食べたものが消火される前に寝てしまいましたが・・・・
今日は一日台北観光

うちのボスが台湾オフィスの人に連絡してくれていたため、その台湾オフィスのコ―さんが、本日私達4名のガイドをしてくれることに・・・・
会う前までは会ったことない人だし、気を使うだけだから早く解散したい!と思ってたんだけど、会ってみると、コーさん、なんていい人 オジさんだし、結婚もしているけど、私のタイプです。そのgentleなところ

私達は、まず観光名所へ。
台湾、っていうかアジアで一番背の高いオフィスビルである『台湾101』
このビルの54〜56階に台湾オフィスが入っているので、そこで無料でオフィス見学兼101見学。
だって普通に101の展望台に入ったら、400元(約1,200円)の入場料を取られるけど、54〜56階で我慢するだけで、タダ
ワンフロアーが全部会社なので、四方が見渡せます。(うちのママちゃん、怖がって窓には近寄らなかったけど・・・・


見よ!
この高さ!



101を見学した後は、このビルの近くに出来た、小籠包の名店『県泰豊』
このお店が101に出来たのは半年前なのに、早くも大行列が出来る店となっており、混まない時間を敢えて選んで連れて行ってくれました

メンズが小籠包を作ってます

これがウワサの小籠包

サンラータン
続いて、台湾の歴史館に行ったり、市内を車窓から観光したり・・・・・
コーさんが車でいろいろ連れて行ってくれました。

昼1番の目的はお茶屋さん
街のお勧めのお茶屋さんで試飲をしながら購入!
私の大好きなお茶で、普段の定番茶である“ジャスミンティー”、脂肪を吸収し、アルコールの分解も早める“鉄観音茶”、ダイエットにもいいといわれる“プアール茶”。
これが今回の戦利品です

その後、私達は今日の2食目(深夜のを入れたら3食目)へ突入
行ったのは、私が食べたいと言っていた牛肉麺の有名店。(昨日も行ったんだけどね。お店が違えば、味も違う?ということで・・・・)

2時くらいだったのに、すごい行列でした。

これがその牛肉麺。

お肉がトロっトロ
若手チームは美味しい!とたくさん食べましたが、オバさんチームはこれもダメだったようです
ジャージャー麺は美味しいと言ってましたが

お腹がはち切れそうな私たちは、その後、ブラブラしていていた時に見つけた果物。
これはコーさんがお勧めしてくれたものですが、味はリンゴとナシの中間くらいかな。
でも、お腹いっぱい過ぎて、あまり食べれなかったんですが・・・・

この果物屋の前にあった、マンゴーアイスのお店まで、胃袋が到着せず、見送りのハメに・・・・

その後、一行は地元の人のためのナイトマーケットへ。
地元向けなので、観光客はおりません。。。。

ここでブラブラした後、今度は、杏仁豆腐のお店へ
ここも台湾では美味しい!と有名なお店ならしいですが、ちょっと日本人好みの味からは離れた感が・・・・。

タピオカ入りのは甘いのをオーダーしたのに、甘くない。。。。

その後、コーさんお勧めのマッサージ店で、今回初の足つぼマッサージ
気持ちいい

その後は、本日の最後のご飯。
これまた地元の人しか行かない、ビーフンのお店。

牛もつのスープも有名ならしく、頼んでくれたのですが、うちのオバの感想。
雑巾をしぼったみたいなスープやわ。


これがそれ。



で、ここでオバさんチームは本日の工程が終了となり、若手チームは夜から再びコーさんと、うちのお客さん(しかも東京でのお客さん)と飲みに!
2件ハシゴしました!

ここでも、チキンを食べて、本日これで7食目!
食べすぎた〜


今日一日、コーさんは私達一行の足になり、荷物持ちになり、ガイドになり、忙しい一日でした。
それでも深夜2時まで付き合ってくれて、感謝です!

うちのオバさんチームにも好評なコーさんでした
 

旅行 | comments(0)
台北に行ってきます♪
昨日の夜遅くからうちのママが上京してきましたぴかぴか

初の東京ですげっそり
が、目的は台北。
今回は最初で最後の?プレゼント旅行ですプレゼント

どうもうちのママは韓国に行きたかったみたいだけど、私は何度も韓国には行っているので…。
美味しい都市、台北へ上向き上向き上向き

初めはママと二人旅ぴかぴかの予定だったけど、叔母といとこも参加することになり、合計4人の女旅飛行機(東京組と大阪組は台北で待ち合わせです。)
亡くなったもう1人の叔母も『私も行きたかったわ!』って言うこと間違いないので、今回は叔母の写真持参ですカメラ

にしても…。
うちのママに手がかかる…自動改札機に切符入れたまま取るのを忘れ、無券乗車はするは、鍵をかけてないスーツケースの中に現金をいれたまま、預けようとするわでげっそり
あらまぁという感じ…。

これが今夜からは3人の面倒みないといけなくなるなんて…。どうなることでしょうたらーっ

でも私のこと。放任主義な私なんで適当にするから、なんとかなるかなわーい

旅行 | comments(0)
Day6. さよなら、タオルミ〜ナ  8/27
----8/27---

本日早くも帰国日
もう少し長いしてもいいような気もするけど、この坂と暑さにはマイっていたので、そろそろちょうど潮時?

シチリアはとにかく美味しかった日本食が全く恋しくありませんでした
遺跡も多くて良かったな

敢えて言うならもう少し大人な感じの場所がいいかな。
高級リゾート地というから、それなりに想像して行ったけど、まったくそんなことはなく、ファミリーがうじゃうじゃ 早く言えば、中国人と韓国人と日本人が沖縄に集まったみたいな感じ?
あ、これいい例えだわ〜〜〜〜
高級感は全くありません。唯一ホテルの中が一番落ちつけたかな
シチリアへのリピートは・・・・・・ないかなあ・・・・・・楽しかったけど・・・・・・

旅行が終わって、毎回更新される“相棒と行く”旅行地ランキング発表で〜す

不動の 1位  タヒチ!(ボラボラ島。タヒチ島は大したことない。)
     2位  ケニアかなあ。大地を感じて、インパクトが大きい。
     3位  スイス  (2位のケニアと迷うところ・・・)
   
  シチリアはベスト3には入らないけど・・・・他の旅行地は全部甲乙つけがたい、同じくらいすべて良かったです


そして今回の私のお土産でーす。ほとんど食材です



来年はどこにしようかな
今のところ、アルザス、ブルゴーニュかなあ。



旅行 | comments(0)
Day5  遺跡の街 アグリジェントへ  8/26

---8/26---

ついに最終日!
ずっとタオルミナにいた私達だけど、今日は朝早くから遠出。
歴史好きの私のリクエストにより、アグリジェントへ行く日帰りツアーに参加したのです(帰りにピアッツア・アルメリーナにも寄るコースです)

タオルミナからアグリジェントへは、バスで4時間弱


シチリア縦断とも言える移動の後、ようやく到着
・・・・・その前に・・・・・・

あついぃ〜〜〜〜

気温39度、日陰なし・・・・
熱中病になる〜〜〜

頭をフラフラさせながら遺跡を見て周りました

ここに残る遺跡はすべて紀元前4世紀頃のもので、ギリシアよりも保存状態がいいと言われています。



神殿1

これだけで既に感動!!!!


神殿2

これです、圧巻じゃない?
こんなに立派な状態で残っているなんて、パルテノン神殿よりもいいらしい・・・・

感激ひとしお!


すごいでしょ〜〜〜?
こんな完璧な状態で残っているなんてなんて素晴らしいの
幾多の戦争を経験し、時には自然災害にも見舞われたのに、未だ過去と現実を結びつける遺跡。
イエス・キリストが生まれる前ですよ、なんといっても。

それから、こんな遺跡もありました。(発掘中だそうです。)


これは、支柱で、人間が支えているのを形どったもの。


そして、やっぱりその当時の人々の生活を考えてみる私・・・・・
どんなだったんだろ???気になるなあ〜〜〜。
タイムスリップしたいなあ。
でも、この暑さどうにかしてほしいなあ。

暑すぎて考えられないんですホントに。
説明が終わるとすぐにバスへ乗り込んでしまいました。

続いて、ピアッツア・アルメリーナへ。(世界遺産)
ここは元々ノーマークだったことに加え、現在修復中で、ほとんど見えず。
(正直、飛ばしてくれても良かったのに・・・・)

ローマ法王の過去のお城だったかな?(←やっぱりいい加減な私
タイル画の床が有名なところ。

下の写真は1ピース1cm×1cm位のピースからなる岩で床が作られています。



ここの住居、当時の形はこうだそうです。


う〜〜〜ん、今日も楽しかった
でも暑かったの方が第一印象

帰りの車窓からはこんなキレイな街並みも見えました。


イタリアはご飯も美味しいし、遺跡もたくさんあって、フランスより断然好きです
ブッチがイタリアにハマるのもわからなくはない・・・・・
将来はイタリア人と結婚してイタリアに住むかな 








 

旅行 | comments(0)
Day4 タオルミナ観光   8/25


8/25

本日は早朝散歩
ホテルから見える、小高い山の上にある教会を目指して頑張ります!

タオルミナは、どこも階段か坂で出来ており、私もこの頃には足が鍛えられておりました。
頂上まで約700階段くらいだったかな?
なかなか疲れました。
あいにく、早朝すぎて?教会には入ることが出来ませんでした。
が、眺めはなかなか素敵です



ここで一休みして下山し、朝食を食べた後は、ホテルの隣のギリシア劇場へ
紀元前3世紀の古代ローマ時代のものが残っているなんて楽しみ!
しかも、この円形劇場、今でもオペラやバレエ公演で使われているんです
隣のホテルに泊まっているのに、音は全く漏れてきません。

スゴイと思いません?
世界史好きの私は結構テンションがUPして、その当時の人々の暮らしぶりを想像したりしていました

この日もと〜っても暑かったので、私達はギリシャ劇場を見た後は、ビーチへ!

有名なイソラ・ベッラ

潮の満ち引きによって、島までの道ができるところ。
(シチリア版・モンサンミシェル?)


タオルミナのビーチ。

透明度はまずまずかな。















そして小型船に乗って、シチリア版青の洞窟のクルーズへ!



これが小さな洞窟?岩の中のシチリア版青の洞窟。

なかなかうまく撮れないの・・・・・

これ、私。

気分は人魚姫?

いえ、海女です。

ウニ取りを試みましたが、手が痛くて断念!

この後はビーチに戻り、ゆっくりしてました。
今日は基本的にリラックスしました。


旅行 | comments(0)
Day3  シチリア料理教室に参加!   8/24

---8/24---

今日はもう1つのメイン、シチリア料理講習の日!

教えてくれるのはホテルのコンシェルジュのお友達である、ピエトロさん。
彼は、タオルミナで唯一のミシュランを取ったお店“LA CAPINERA”のオーナーシェフです。

まずは、魚市場で彼と待ち合わせして、本日お店で使う食材と合わせて購入です



そして彼がシェフのピエトロ(意外に若い・・・)


新鮮なお魚を買った後は、お店へ直行

まずはエプロンに着替えて、さっそく調理開始!


1品目:甘エビの皮をむいて、オリーブオイルと塩、それから自家製ママレードソースをかけて、そのままその場で食べてしまいました激ウマ

2品目:シチリア風カポナータ

これを下に引いて焼いたエビを乗せたら・・・このようになります。↓


3品目:イカ墨のパスタ
これは既にあるイカ墨のスパゲティを使いました。
まずは、バジルソースを下に引き・・・・

茹でたパスタをエビでダシを取ったスープとトマトを合わせ、絡める。
その上にさっと焼いたイカを乗せる。

4品目:白身のソテー
どうやって作ったけ・・・・・・?

まずはシェフが作ったナスビのソースを下に引き・・・
向こう側に、さっき作ったカポナータを型にはめて盛り付ける
横にはピスタチオを砕いたもの。

そこに白身魚を焼き、周りにバルサミコソースを飾る。


大して手をかけていないのに、とっても美味しい
これがシチリア料理です!

特にバルサミコ酢の美味しさに感動し、買って帰ることを決意!

出来上がった料理はすぐに食べ、食べ終わったらまた作る、ということを繰り返しました。


とーてっも楽しい時間でした!

旅行 | comments(0)
Day2 IL BARCAIOLO 8/23

---8/23---

昨日、電話が繋がらなくて行けなかったレストラン、"IL BARCAIOLO"にようやく行くことが出来ました
タオルミナのロープウェイ乗り場のすぐ下にあるビーチ沿いのお店です。
Trip Advidorで好評価でしたので、行ってみました 
(昨日行った、ダ・ニーノも好評価だったのですが、期待が大きすぎたのが、そうでもなかったので、今日はあまり期待せず・・・

そして今日も生のお魚盛り合わせからスタート
このお皿、30cm幅くらいあるんです!!! これでEUR18(昨日のより大きくて安い)

一番右のは、しらすです。
イタリアってホント日本と似てます。

これだけでお腹一杯でしたが、オーダーがこれだけではいけないと思い、パスタを注文


タオルミナ名物、いわしのパスタ(太麺でイワシをパン粉で絡めたものがたっぷりかかっていました。)



私は再びウニのパスタ。


















昨日のとこより断然安くて美味しい〜〜〜
シチリア最高

あわせたワインはやっぱり白。シチリア産です。酸が心地いい


本日も美味しい1日でした


旅行 | comments(0)
1/6 >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • photo by Satie
  • design by Tea
  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.