My Life with Wine
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
シャンパーニュ紀行 1日目 〜夢にまで見たシャンパーニュへ〜
今日の朝は早い・・・・・
7:15AMにEtienneがホテルまでpick upしてくれ、Selestatの駅まで送ってもらい、そこからシャンパーニュの玄関口、ランスへ
涙、涙のEitienneとの別れかと思いきや、以外にもあっさり。
じゃ、またね!で終わり。 過去2年がこういう関係を作ってしまった私達。 まるで明日にでも会うような感じ でも、間違いなく会うでしょう。 それともアルザスに嫁に行くか?
いやいや、生魚のない街へは嫁げない・・・・・。 イタリア人なら話は別。

話し変わって、本日の予定
Selestat 発 08:17 - Strasbourg着 08:39
Strasbourg発 09:01 - Champagne-Adenne着 10:54
Champagne-Adenne発 11:12 - Reims着 11:19

重〜いスーツケースを抱えておりましたが、Strasbourgまではふわりんんも一緒
女子2人だと、思い荷物もメンズが助けてくれます さすが、フランス

1人になり、Champagne-Adenneで乗り換える頃、外は真冬???
長袖を着ていた私だけど、寒くて寒くてしょうがない!
なんだ?この寒さは!
急遽、スーツケースを開け、セーターを出しました!それもそのハズ、その時の気温は14度

ようやくランスに着き、ホテルへチェックイン今日から3日間のお泊まりは、ランス駅の目の前のグランド・ホテル・コンチネンタル
駅前で良かった〜〜〜。こんな思い荷物持って、石畳のガタガタの道を何分も歩くなんて私には無理。今回のホテルは正解でした

↓ これがランスでのホテル。3泊の予定です

小さな部屋ですが、女っぽいでしょ

シャンパーニュでの3日間、久しぶりの1人旅なので、楽しみと不安が入り混じってます

グルメ | comments(0)
マノワでランチ☆

ここに本文を記入してください。
ここに本文を記入してください。
今日は今年新年会をしたメンバーで、マノワへランチに
前に言ったことあるかも?だけど、マノワのオーナー中村さんとは代官山のラシエット時代からのお付き合い。って、いうか、私が彼のユーザー?

決してお安いところではございませんので、3ヶ月に1度の、しかもランチでの訪問しか私にはできません・・・・・。
が、この日は、新しくオープンしたマノワを他のワインラバーに知ってもらうため、私が企画

まだオープンして3ヶ月で立地は良くない場所にあるにも関わらず、店内は満席でした・・・・・・。
きっと、今年のミシュランを目指しているのね夢があっていいことだわ

ランチ¥3500のコースで、前菜、魚、肉、デザート、コーヒーが付きます。
ワインはワインコース4種類にして、私は泡、白、赤2杯。これで¥4,000円。(でも、私は5杯飲んだけど、1杯はサービスなのかな?)
これにサービス税が10%かかります。
早く言えば、昼から10,000円くらいかかってしまうんだけど、これがとっても幸せな気分になれるの その代わり、朝も夜も食べません。この日はこれ1食のみ・・・。

それでは、以下が本日、私が選んだお料理です。(プリフィックスなので、みんなで違うものを頼み、シェアしました。)

これはアニュの時から同じシャンパーニュ。
ムニエ、ピノ、シャルドネ各33%なのに、赤ぶどうを感じさせます。

これがありえないくらい美味しかった!
白子のムニエル。

今日イチの出来でした!

白は、みんなで飲んでるから、誰がどのグラスってのはないけど。。。
これはちょっとまだ若い・・・。

なんとか鯛のポワレ。

身がしまっておいしかったです。

鯛にはこの白が一番合いました。
サンジョセフの白。


これは本日の1白。
南仏のワインのように、濃厚なものでした。

メイン:
ジビエ好きの私は小鹿をチョイス。

みんなで違うものを頼んで少しずつ食べましたが・・・

私にはジビエが一番!

ブルゴーニュの赤。
メインが来るまでの間に飲んでました。
まだ若かったような・・・・。
これはグラーブなのに、ポムロールのようなアタックで、フィニッシュはやっぱりグラーブ。って他の方が言ってましたが、私にはさっぱりわからず。
でも、みんなのお気に入りワインでした!

ということで、本日は4時くらいまで長居をしてしまいました・・・・・。
アニュとは違うものの、十分満足できました。

次回は4月かな♪
















グルメ | comments(0)
ワインな1日
今日は朝から、アロムヴェールのオープニングセールに並びました!
全品30%OFFだから。
 
このセールは現金しか使えないのに、カード払いをしようと思っていた私と相棒は、レジの前で真っ青
なんと買った総額18,680円、所持金19,000円
まるで計算したかのようにギリギリ足りました
買ったのは、カレラ紅白2本で2000円と、私の大好き・デューツ!
去年から割引が難しくなったのを聞いていたので、本日はブラン・ド・ブランと’04のデューツをお買い上げ
ドンペリが10,000円で出ていて人気だったみたいだけど、泡好きの私としては、ドンペリなんかには目がいきません。
一般的にはドンペリが有名だけどワイン好きはドンペリよりデューツでしょ?個人的な意見だけど・・・・・。

アロムヴェールでワインをお買い上げの後、私と相棒は、新宿伊勢丹へ
今日は相棒のお誕生日プレゼントでロブマイヤーを選びにきました
私も未だかつて手にしたことのない、ワイングラス・ロブマイヤー
1つ1つ職人の手作りなので、自分の手にしっくりくるものを選ぶため、専用の席で。

このワイングラス、1脚18,000円
誕生日&クリスマスプレゼントを兼ねてだけど、私だったら、18,000円あったら、アローム・デ・デューツが欲しいな。
もしくはちょっと自分で足して、サロンかな
このワイングラスにこだわるのは、ワイン好きでないとわからない話なのでここまでにしましょう
何にお金を使っているのって、お母さんに怒られそう・・・・・

この後、2日続いて焼き鳥ジビエを食べに、武蔵小山へ。


ジビエ好きの私は、本来の各お肉の味がわかる単純な味付けに満足し・・・・・
お腹いっぱい・・・・・

だけど、この後、さらに栗ねえのおうちに行き・・・・・
栗ねえ&ふわりんからの相棒への誕生日プレゼントのポムロールを早速開け・・・・・

私の誕生日じゃないけど、とっても美味しく、大満足な1日でした

グルメ | comments(0)
2回目の上海蟹

またまた行ってしまいました
シャンハイ・ハウスの上海蟹コース
だって、前回行った時に想像以上に美味しかったから、相棒に宣伝したところ、メスのシーズン中に行きたいとリクエストがあったから
やっぱ、美味しいもの、楽しいことはみんなで共有しないと

メニューは前回と全く同じです。
まずは、酔っ払い上海蟹から。前回行ったときより、濃厚に感じられました

その後、蟹のコースが延々と続きますが、やっぱりこの酔っ払いが一番美味しい
前回はこの漬かっている液を飲みませんでしたが、今回は女将さんのおススメもあり、飲んだら、私が酔っ払ってしまいました

前回と同じメニューなので写真は載せませんが、ワインだけ持ち込みしたので、(持ち込み料¥1500/本)ワインをUPしようかと思ったら、ワインの写真を1つ撮り忘れていました。

相棒がもって来てくれた、アルザスのピノ・ブラン。
私は個人的に大好きです。そして今、アルザスにハマっています。

それとN村さんが持って来てくれた、サルディーニャの赤。
サルディーニャの割にガツンとこず、上品にまとまっていたので、これまた私は大好きでした


今日も美味しかった


グルメ | comments(0)
シチリア料理を求めて・・・・
今日はあのシチリアの味が忘れられなくて・・・・・・
渋谷にある東京で一番人気のシチリア料理屋さん、
トラットリア・シチリアーナ・ドン・チッチョに行ってきました

まず。場所は青山学院前の通りなんですが・・・・・・
渋谷嫌いな私と相棒は、六本木通りがわからず本日も迷子になり・・・・・
20分間ウロウロと・・・・・・

そして予定より10分遅れて到着です!

概観はオープンテラスになってていい感じ・・・・


中は・・・・
やはり人気店。
7時で既に満席で、とーっても賑わっていました!

店内はスタッフ若い男性のみで、総勢15名ほど。
ちょっと多いような気もしたけど、活気のあるお店でした。
驚きは、スタッフ一人一人がワインの特徴、お料理の特徴を完璧にお客に伝えられること
通常、ワインはソムリエみたいな人がいて、その人のみに任せられたりするのですが、このお店は教育がしっかりしてました

ただ・・・・・・・・・
シチリアで食べるお料理は全部安かったんですが、こちらはその2倍以上・・・・・・・日本価格?
“トラットリア”=イタリア語で食堂なのに、1品が2000円前後って高くない?
と少々疑問が・・・・・・・・・・・・・
一番安い前菜も1800円です


でも、料金はその分味に跳ね返って?とーっても美味しかったです!

まずは2種類のカポナータから。(¥1800)

続いて、燻製のカジキマグロのカルパッチョ(¥2000)

続いて、タオルミナの定番パスタ、イワシのパスタとアサリのリゾットを相棒と半分ずつしました。(¥1900と¥2000)

手長エビのグリル(3匹¥2500を+αで一匹追加)


本当にお料理はどれも美味しかったです
が・・・・やっぱり高い・・・・・
始めに1杯ずつ泡を飲んで、白をボトルで1本頼んで、2人で¥22,000でした!

今後もシチリア料理屋さん巡りは続きます!

 


グルメ | comments(0)
水新菜館
今日は仕事の後、柳屋で昨日のワインの回答をチェック。

白はヴィオニエ、赤はカベ、メルロー、プチ
ベルドー、カベルネフランの混合品。

点数は平均点の6点でしたが・・・・・・。
相手が強すぎましたね〜〜〜〜。
2回戦敗退にガッカリです〜〜〜

その後、久しぶりにねー様と水新へ
私は2ヶ月以上行ってない
禁断症状が出始めていたころでした

まずは、私が食べたくてリクエストしたナスの揚げ物。(夏季限定メニューだったので、メニューから外れていましたが、作ってくれました♪)

それに合わせたローヌの白ワイン。(しかもテストに出たヴィオニエ) 


お豆腐料理もやさしい味わいです。


今日の赤ワインセレクションです。
この中から選んで〜〜〜!(もちろん値段に差はあり)


私たちが選んだのは・・・・


だって、私の大好物ホイコーローに合わせなきゃ!なんだもの
でも結局、お店のマスターが閉店を過ぎた後に、ワインを飲もうと言って、サンジュリアンのをサービスで開けてくださいました

今日も大満足!
やっぱ水新サイコー

グルメ | comments(0)
続いては、『ア・ニュ』で・・・・
ついつい金曜に小田島に行ったというばかりなのに・・・・・
今日はランチで広尾のフレンチ『ア・ニュ』
 
ハッキリ言って、こんなに立て続けには外食に行きません
だけど・・・・・
実は火曜日にア・ニュから連絡があり、『キャンセルが出ましたので、いかがですか?』と・・・・・・。
相棒に相談した結果、3月からキャンセル待ちを入れていたんだし、この先予約が取れないし、行ってみようと
やった

私はレストランにこだわる傾向にあり、各料理においてmyレストランを見つけています。
和食では、小田島
中華では、水新菜館
フレンチはア・ニュ
そしてイタリアンは模索中
共通していえるのが、ワインが楽しめる、ということ

今日のランチは3,500円のコース
前菜、魚料理、肉料理、デザートがついてます。
これに4,000円のワイン4種類を付けました(泡+白+赤2種) この組み合わせは自由です。
5種類にしたら5,000円です。

ではでは料理&ワインスタート
まずは泡から。(左のはピノが多くて美味しい!右はブラン・ド・ブラン)

私が頼んだ前菜(牛たたきのナスで巻いたもの?だったかな)

相棒が頼んだ前菜。鮎の燻製スイカのソース

前菜に合わせたワイン:アルザスのリースリング

お魚料理:美味しすぎて、忘れました。

ワイン:ヴォルネイのシャルドネ。(熟成感がありました)

お肉料理:私はマダム・ヴューゴーの鴨

相棒は和牛のハラミを使ったソテー

合わせたワイン:鴨はピノではなく、ローヌのシラー!!!鴨=ピノだと思っていたのに・・・。
そして相棒の和牛にはボルドーワイン。

そしてデザート
私はア・ニュスタイルのティラミス
相棒のは・・・・ライチののムース。マカロン添え。


こんな感じ?
とにかく、このアニュは美味しいんです。
それからサービスもいい!
天井が高く、隣のテーブルももったいないほど離れているので、心地いいです。
なにより、4杯4000円のワインは最高です。

去年末のオープンで、今や9月末まで予約一杯のこのお店、またキャンセル待ちをして帰ってきました
おそらく、今年はミシュラン入りすると思いますが、そうしたら更に予約取りづらくなるんだろうな〜〜〜

グルメ | comments(0)
小田島・NIGHT
ひさ〜しぶりに、PCからの更新です
私はPCを開くことより、睡眠を優先させてしまうのです 
I ラブ 睡眠

ところで金曜に相棒と珍しく外食をしました
外食多そうに見える私ですが、実は会社の飲みは多くても、相棒との飲みはめったとない
でも、久しぶりに大好きな『ワイン割烹・小田島』に連れて行ってもらいました
1シーズンに1回のペースで行きたいのですが、お高いので、なかなかです
それでも、私の和食NO・1のお店には間違いありません

突出しの自家製イカの塩辛と豆の盛り合わせ。&もちろん泡でスタートです!

ひらまさの味噌漬け、イカの・・・・・?(忘れました)

合わせたワインがコレ。左の日本の勝沼醸造の甲州はソービニオン・ブランは大絶賛!

オーナー店長が私のために必ず出してくれる梅干。(築地の場内にある中央食品で売ってあるそうです。) 梅干嫌いの私がここのだけ食べられる貴重なモノです。


名物フォアグラ大根! う〜ん、絶品!

続いて海の幸サラダ 

途中、写真を撮り忘れていました。。。。。
そろそろ〆です。

そして最後の稲庭うどん。

これにデザート&ワインワイン雑学の談義が入って、二人で3万円!
ちなみに小田島はメニューもワインリストも何もありません。素材とその日に出すワインによって値段が変わります。相場は2人で¥25,000〜¥30,000くらい。

高いけど、絶品&ワインスクールに来ているように、話もためになるんですよね〜
毎月は無理だけど、3ヶ月に一度は行きたい、おススメのお店です。

グルメ | comments(1)
アフタヌーンティー@ペニンシュラホテル
本日はお昼過ぎからお出かけ

行き先はペニンシュラ・ホテル
この3連休、ペニンシュラでワインのイベントがいろいろあるんです

でも、有名ワインのセミナーやランチ・ディナーなどが高級ホテル・ペニンシュラで行なわれるんですから、それはそれは結構なお値段でございまして・・・・・・

行きたいけど、高くて行けない、でも雰囲気を味わいたい!ってことで、価格的に一番安いアフタヌーンティーに行きました 
この連休だけシャンパンが特別価格で付いているんです

アフタヌーンティーの始まりが2時半からで、2時半過ぎに行ったら、スゴイ行列
店員さんが言うには、「たぶん1時間半くらいかかるかもしれません・・・・」

え〜〜〜??? 
マジで???
一瞬あきらめて24階のフロアーでシャンパンだけ飲んで帰ろう、ってことになり24階へ行くと・・・・・
一番安いシャンパンが1杯3000円〜

まあ、ペニンシュラだし、シャンパンだし、ってことを考えると妥協できる値段かもしれないけど、1階のアフタヌーンティーに付いてくるシャンパンの値段を知っているだけに、この3000円はキビシイ

ってことで、結局再び1階に戻り、行列の最終尾に並びました
でも、1時間半待つと覚悟していたのに、意外にも40分くらいで順番がきました

オーダーはアフタヌーンティーとペニンシュラ・シャンパン



わ〜い 久しぶりのアフタヌーンティーだ
たぶん、数年前のシンガポールのラッフルズ・ホテルで食べたアフタヌーンティー以来???

軽食&ケーキで見た目にも豪華

シャンパンも香ばしくて、いい感じ
みんな大満足

3時間女子トークで盛り上がり、また行こう ということで解散

たまにはホテルで質の良いサービスを受けるのもいいものです


グルメ | comments(0)
トラットリア・トルナヴェント
今日はめずらしく、相棒に予定がなかったので、ここぞとばかりご馳走ディナーへ
お店選びはもちろん私 
錦糸町の焼き鳥屋『とり喜』が満席、六本木のワイン割烹『小田島』が満席でどこも取れず、新規開拓へ
結局選んだのは、六本木のイタリア料理屋さん『トラットリア・トルナヴェント』
食べログで高評価だったので選んでみました


六本木駅から徒歩10分のところにある、わかりづらいレストラン・・・・・・

概観は一軒家風で、ステキ


でも、上と下とでレストランが違いますのでご注意を・・・・


で、お店の感想はといえば、美味しいといえば美味しい、凝ってるといえば凝ってる、でも高い!!!
メイン単品が4500円くらいなので、そうすれば、迷わずコース8500円を選ぶでしょう。

私の個人的な感想はといえば、お店がミシュラン入りを狙っているような・・・・って感じでした。
トラットリアなので、もう少しカジュアルな価格帯にしてほしかった・・・・
飲んだワインはバルバレスコの2000年。
開けて20分後から開いてきて、美味しかったです

それにしても2人で37000円は高いな
リピなし決定かな?
新規開拓の店って、ホント難しい

グルメ | comments(0)
1/4 >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • photo by Satie
  • design by Tea
  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.