My Life with Wine
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
初の剪定体験@東夢

今日、早朝より山梨の東夢ワイナリーへ行ってきました
2012年のワインクラブ・オーナーを対象に『剪定』のイベントがあったのです
ワイン好きなら誰もがワイン作りに関わりたいもの
そんな望みを叶えてくれる、イベントです

まず、7時前に電車に乗り込み、ひたすら電車で勝沼ぶどう卿に向かいます
参加者は、このワイナリーを教えてくれ前回の山梨ワインツーリズムに一緒に行った女子3名+相棒。
相棒も将来ワインを造りたいらしいので、ほんとは女子の中に入れたくなかったけど、特別です。
その前に、オーナーになる時に、イベントには何人でも連れてきていい、って言ってたのに、どうも想定以上にオーナー希望者が多く、こういったイベントの同伴者は2名まで、ということになったそうです。(興味のある方は次回のワインツーリズムの時に申し込み下さいね)

10時前に山梨に着き、まずは打ち合わせ。

そしてこちらが社長の高野さん (後ろの木がブドウの木)


参加者が40名強いたので、車に何台か別れて、鳥居平に向かいます。
その後、剪定方法を聞き、剪定ハサミを貸してもらい、いざ体験!
それにしても絶好のお天気で気持ちいい

みんな、なすがまま?なんとなく?1枝に託して? でも、それぞれに一生懸命です
ここで1時間半ほどを過ごしました・・・・・

余談ですが、貸してもらった¥700の剪定ハサミは切れませんでした。
そもそも握力18の可愛らしい私は、ま〜〜〜たく枝を切ることができず、放棄しようかと思ったその瞬間、別の参加者がmy剪定ハサミを貸してくれました。¥1500のものだそうですが、全く切れ味が違う!!!
道具はやっぱりお金なのね〜〜〜とつくづく思った瞬間でした。

めずらしく相棒までUPしてみました(使えないハサミに悪戦苦闘してました

ちなみに私は高給ハサミ使用中なので、この余裕
ここの斜面を全部剪定し、次はお待ちかねのランチタイム

その前にこれが甲州の棚です。(シカにブドウを食べられて、マイっているそうです)
にしても、景色がキレイ さすが晴れ女のワタシ


剪定途中で、お料理班が先に帰って、お料理の準備をしてくれていたので、なかなか順調でした。
だって、ここレストランじゃないんですよ(みんなの好意で今日の会が成り立っています。)
お料理は、ポトフや、手作りピザ、唐揚げに、なますに、カクテキなど、みなさん個人的に持って来られた?ようなものばかり。大きなパンの中をくりぬいてビーフシチューを詰めたものもありました。

ワインはもちろん、いろんなものが振舞われ、オーナー特権として販売しないワインも何本か頂きました。

で、何故だか、この山梨の奥地で牡蠣までも!

何を隠そう、隠してないけど、相当な牡蠣好きのワタシ。
これだけは別料金だったんですが、1個100円にての提供でしたので、たくさん頂きました

会は3時半頃まで続き、夕方電車に乗り込んだ3分後には全員夢の中でした

楽しかったなあ
東夢さん、いつもアットホームで感謝です


ワイン | comments(1)
密かな私の悩み
たぶん…。
一部の熱狂的な泡好きでないと私の気持ちはわからないと思いますが…。

実は、今月28日のダブルブッキングが重なってしまいました。

1つは既に会費を払っているワイン・ヴィレッジ。約600種類の試飲が出来る会です。

そして、もう1つは銀座のシャンパーニュ・サロンが主催するサロン・垂直の会。

たぶん、ワイン好きでないと知らないであろう『サロン』という泡は、私がこよなく愛する泡であり、クリュッグ好きのクリュッギストと対立関係にある泡でもあります。

(多分、一般市場では高級シャンパンと言えば、ドン・ペリですが、私には何の特徴も感じられずです…)

私にとっては、高嶺の花でサロン、頑張った現実がドゥーツってとこでしょうか?

昨年、初めてJALのファーストクラスに採用され、その味を知った私は、虜にラブラブでも、ワインショップで買って約4万円。
買えません。

その垂直の会、96、97、99プラス簡単なお料理が付いて¥7777円は破格中の破格で、キャンセル待ちを入れていたのです。

それがキャンセル出てしまったから、考えもの!

一方はお金を払ってるし、もう1方はサロンの垂直なんて今後5年は飲めない。しかも、この値段で!


明日まで回答を待ってもらうことにしましたが、今、相当悩んでいます。

きっと、誰にもわからないだろうけど。

ワイン | comments(1)
女子会♪
私のこのオープンな性格のせいもございまして・・・・・・・
本日は女子会です
共通点はみんなワイン好き。 加えて最近は大森で知り合ったお友達も多く・・・・・
幸せな日々でございます・・・・。

みなさんが来られる前に、私は指を負傷したために、相当な時間をロス

でも、いざワイン会スタート!
スタートは泡&白ワインに合うお料理onlyで。

個人的には友達が作って来てくれたレンコンのハサミ揚げが美味しかったな。
あと、私が作ったキッシュ、前回は市販のパルメザンパウダーを使ったけど、今回はちゃんと摩り下ろしたものを使ったので、その分、濃厚でした

そして女子会で登場するのはロゼ!
今回、初めてアルザスのロゼを頂きましたが、なかなか美味しかった!
エチケットもかわいいし。


その後の赤ワインになる頃、みんな酔っ払いで・・・・・
相変わらず、写真がない・・・・・・・・。
チキンのバルサミコ煮や、スジ肉の赤ワイン煮込みなど、みんなレストラン顔負けの腕前です!
そしてシメは、私の定番パエリアで
今回はカニでダシを取りました

2時に集合し、終わったのは9時半。
空いたのは7本!女子も男子に負けないぞ!


お友達の1人から(先週友達になったばかりなんだけど・・・)、お花を頂きました
なので、本日の締め写真です!

ワイン | comments(0)
泡onlyのワイン会@浅草
今日はにょにょさんがご紹介してくれた泡onlyのワイン会に行ってきました
その名も「LIFE WITH WINE」
あれ?私のブログのサブタイトルと同じだ

会場の様子 泡は全部で30種類くらい。(シャンパーニュは少なめかな・・・)
 
1階が試飲コーナー、2階がお料理コーナー、3階がライヴコーナー
と別れてありました・・・・・。

昨日の夜が、東京ワイン会のお手伝いだったため、ほとんど昨日の夕方から何も食べていない私は、とにかくお腹がすいており・・・・・・
本日のお料理を楽しみにしていたのですが・・・・・
意外にも量がない!会場にはたくさんの人がいるので、料理がすぐになくなってしまいました。

行ってはいませんが、3階の様子です。本日はジャズ。
なんだか大学っぽい・・・・


ま、そんなこんなでお腹を満たされなかった私は相棒とご飯を食べにいくことに!
浅草=うなぎかもんじゃ。結局さくっともんじゃで。
確か、にょにょさん宅でもこの後にソース系をするとかしないとか言ってたような気がするけど、今週は大層お疲れのために帰ることにしました。明日の女子会に備えて夜は禁酒です。
またお誘いください

帰る途中、浅草を写真に収めました。
なんだか昭和を感じます・・・・。

有名な雷門

日本で初めての地下鉄。
銀座線。

超レトロです。

浅草駅の地下の改札近く。




ワイン | comments(0)
肉のサシが厳しい・・・
25日の続きです。
今回から?1000円UPバージョンで¥4000のコースです
まずは前菜2種類とお刺身。

サザエのつぼ焼き、エビの揚げ物、カニの一口寿司

右はカニの茶碗蒸し

お刺身は3種類

まぐろ、ぶり、タイ

続いて、ねーさんより誕生日者にプレゼント
でも、どうやら自分が食べたかったらしく、その場で開けてみんなで食べました
チーズナイフやらまで持参しているところが素晴らしい!

そしていよいよメイン!
今回のお肉は、米沢牛!!!
見よ、このサシを! 私と同じくらいのサシです!

いつものよりいいお肉だったので、みんなでテンションUP
でも、箸が進まない・・・・・・・
そう、みんなそれなりにお年を召しておりますもので、美味しいけどたくさんの量は食べれないんだよね・・・・。
余らせるのはもったいないので、結構無理して食べました。

そして合わせたワインは・・・・

私の思い出ワイン、ベル・エポック’98.

なんて美味しいのでしょう。
なんで前は嫌いだったんだろう?
夢の一瞬でした。

続いて、’98のルロワのピノ。

これまた美味しい

幸せ
そして最後にバースデー・ガールの生まれ年のワイン
’77はオフなので、状態が心配でしたが、果実味には欠けるものの、問題なく飲めました!

そして最後に、バースデー・ガールからのお言葉。
『私もこのワインのように熟成したい・・・・・』

でも、私の’74もそうだけど、オフなんだよね〜。
いつその人生が終わることやら

 

ワイン | comments(0)
神田のNew Spot☆
私は、ワインショップ柳屋があるからか、そこに集まるみんなが好きだからか、こよなく神田を愛しており、定期券も会社のある東京駅までではなく、神田まで購入しています。

そんな神田に新しいワインバー(ブラッスリー)が
先週、神田で働くY子に連れて行ってもらったんだけど、なんともいいお店
場所は、柳屋近くの宝くじ売り場の細い路地を入っていくとあります。

名前はBrasserie Le Zinc(ブラッスリー・ザン)

外にチキンの丸焼き(ロティサリー・チキン)が回ってます。
1階は立ち飲みで2階はテーブル席。

料金も比較的安くて、泡もグラスで450円〜、と良心的。
あの、ワインのネクタイやカフスでお馴染みの方もよく行かれているそうですよ♪
お店の方が、とってもフレンドリーで私は1度で好きになりました

代わりに、柳屋の近くにあったご夫婦で経営されてたスペインバルが閉店されたそうです。

今日も柳屋のあと、立ち飲みで2人女子会してしまいました

ケーキを作らないといけないから早めに帰ったのに、すでに作るのが面倒くさい


ワイン | comments(1)
【続報】カーブドリラックス
本日のショッピング、終了!
結果は…、
なんと'01のパルメ、残り2本でGet出来ましたチョキ
そもそも今回はパルメのみを買う予定でしたが、隣に'08のアルタエゴ( 4980)、'99のフィリップ・バロン( 9980)があったため、こちらも購入してしまいましたてれちゃう
いわゆる衝動買いたらーっ

こないだお酒を飲まない友人に、ファッションにお金を使わなくなったらヤバいよー!と散々言われましたが…、今のところ私の心を満たしてくれるのは、みんなで囲む美味しいワインとお料理のみですたらーっ

あえていうなら、カーブドリラックスで働いているセクシーフェイスの谷口くんに会えるのも、カーブドリラックスに行く楽しみの1つですてれちゃう

満足、満足チョキ

ワイン | comments(0)
カーブドリラックス
今日から、カーブドリラックスのセールなので、来てみましたぴかぴか

ただいまオープン15分前だというのに、既に100mくらいの列がげっそりげっそりげっそり

狙いは'01のパルメ¥13,800限定18本だったけど、どうやら無理そう…ポロリ

残念泣き顔

ワイン | comments(0)
菱山中央醸造

東夢の後にした私達は、続いて塩山にある『奥野田ワイナリー』へ。
ここは東夢とは違い、バスの停留に合わせ、30分1サークルでワインの試飲と説明が受けられるようになっていました。(試飲は5種類で500円の有料でした。)

ここは元ソムリエさんが醸造を担当しているので、ワイン造りへの情熱が伝わってき、ワインの紹介時には合わせるお料理などの紹介もしてくれました。
ただ・・・・、さっきの東夢での居心地の良さがあまりにも良かったため、ここはあまり何も印象に残りませんでした

続いて私達が向かったのは、『菱山中央醸造』
山梨にはた〜くさんのワイナリーが点在しており、他のワイナリーとの“差別化”をしないと、経営的にも、ワイン愛好家に知ってもらうにも難しいと思います。
そして、ここのワイナリーのキャッチフレーズが、“手絞りぶどう酒”。

ここはいわゆる、一般の葡萄農家が自分の葡萄を使って自分の家飲みワインを作るために出来たワイナリーで、元々町営醸造所だったそうです。
なので、昔からある旧式の用具を使用して、ワインを手作りしているそうです。
“手絞り”というのは、本当に葡萄を手で絞る訳ではなく、全部の行程が機械化されている今日、手動で用具を使っているからです。(私は本当に手で絞るのかと思ってました

その用具がコチラ↓ これは葡萄を潰す機械。

こちらが葡萄果汁を絞る機械。(上に手動で重りを載せていき、圧力をかけるそうです。)

そして熟成中のワインがコチラ↓(発酵しているのでプツプツいってました。)


ここも昔からのスタイルを壊さず受け継ぐ形でワイン造りを行っていて、これはこれでインパクトもあり、楽しかったです。
また再び訪れたいワイナリーです。
私はここではワインは買いませんでしたが、岡山のライバル葡萄であるシャイン・マスカットを購入しました(味は断然岡山が美味しかったですが・・・、と最後まで岡山をアピール

最後に、本日の締めで“ほうとううどん”をみんなでシェアして食べました
美味しかった


ワイン・ツーリズム、かなり楽しかったので、また来年も行くことを決定!

その前に2月に東夢で剪定作業がありますよ。参加したい方は言ってね


ワイン | comments(0)
東夢ワイン
 広場で30分を過ごし、ようやく広場から5分の、本日1件目ワイナリー『東夢』に到着


ここは私は知らなかったワイナリーだけど、ベテラン・ふわりんのおススメで、行くことに。
何がおススメなのかと言えば、太っ腹なんです他のワイナリーでは試飲のみを提供するのが普通なのに対し、ここはカナッペなどのフィンガーフードや、おでんまで用意してくれてました。(しかも無料)。ワインは一部有料もありましたが、ほとんどが無料で、『どんどん飲んで帰って!』と座っておでんを食べているお客さんのグラスにワインがなくなったら、わざわざ注ぎ足しに来てくれるほど
ビックリです〜〜〜
ちなみに『東夢』て、今、何かと話題の東電の社員が定年退職後に始めたワイナリーです。

ここは、食事サービス以外にも阿波踊りも呼んでいて、秋の空に太鼓と笛の音色が響き渡り、このワイナリーだけ試飲というより秋のお祭りみたいな感じでした。

その後、テーブルに置かれてあった、「鳥居平甲州種ぶどう仕込み共同オーナー募集」の紙に目が留まりました。
最近、日本のワイナリーの多くが共同オーナー募集をしていますが、今まではどれもピンとくるものがなく見送っていましたが、これは1口会費1万円で、5本が付きます。ラベルも自作で貼ってもOKなので、私の名前のワインでも作っちゃう?とか思いながら・・・・
ワインの割引はもちろんだし、剪定や芽かき、収穫・仕込みなどの体験も出来ます。
そして何より1人がオーナーになれば、その同行者(何人でもOK)も同じ農体験に参加可能で、その農作業後には毎回ワインを囲ってのワイン会もあるそうです。
将来、ワイン作りを目指している方にとっては、いい体験です!
そんな訳で、入会してみました
決め手は、このワイナリーのアットホームさに惹かれてです
柳屋ファミリーにはピッタリのワイナリーです

その後、社長にピノノワールが次回いつ出来るのが等、質問攻めにしてたら、こっそり奥の醸造エリアに私達3人を連れて行ってくれました

そこには、9月に収穫したばかりのピノノワールが!社長自らが直接樽から注いでくれました
まだ時間が経っていないので、酸味を感じましたが、来年まで熟成したらかなりいいんじゃない???
結構楽しみです!
でも、ピノの生産量自体が少ないため、ピノ100%まで原料がまわるかどうか、まだわからないそうです。(ピノ+メルローに固定客がいるので、そちらにピノをまわさないといけないようです。)

これが、設備です。
醸造タンクなどは自分達でアイデアを出して作ったオリジナルだそうです。
葡萄を潰す機械 ↓

果汁を搾り出す機械


あまりにも居心地がよく、ここで1時間半もゆっくりと過ごしてしました。
でも、次のワイナリーに行かなくちゃ!


東夢さん、お世話になりました。また必ず来ますね。

ワイン | comments(0)
1/6 >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • photo by Satie
  • design by Tea
  • (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.